サバイバル防災 - 生き残る達人への道

日本中、どこで、危機的な災害に遭遇するか分かりません。生き残るために必要な知識と、いざという時に役立つ、サバイバルグッズや便利な防災グッズで、生き残りましょう !

サバイバル防災 - 生き残る達人への道


いつ何が起こるか分かりません。生き残るために、サバイバル知識や技術を身につけ、
便利なサバイバルグッズ、防災グッズで、危機的状況を乗り切りましょう !!

南海トラフ巨大地震とは? 発生確率 30年以内に、70~80%

 

 

 今日も、生き残りましたね ピンクのチュリップアイコン 

 

 

 近い将来、南海トラフ巨大地震が、起こると言われています。

 

 

  南海トラフとは、いったい何でしょうか?

 

 

 南海トラフ(なんかいトラフ)は、四国の南の海底にある水深4,000m級の深い溝(トラフ)のこと。非常に活発で大規模な地震発生帯である。南海トラフ北端部の駿河湾内に位置する右図黄線の部分は駿河トラフとも呼称される。

Wikipedia南海トラフ」最終更新 2018年9月22日 (土) 02:45 引用

 

 

 

 政府の地震調査研究推進本部によると、南海トラフ巨大地震地震の規模(M8~M9)が発生する確率は、30年以内に、70%~80%であると予想されています。

 

 

 私たちが住む日本列島の中心を北から南に横切る、糸魚川-静岡構造線があります。

 


日本列島は、その糸魚川-静岡構造線の東側(東日本)は、北米プレート、西側(西日本)は、ユーラシアプレートに乗っかっています。

 


その西日本側のユーラシアプレートへ向かって、太平洋側から、沈み込んでいるのが、フィリピン海プレートです。

 

 

 その境界にあるのが、駿河トラフと南海トラフです。

 

 

駿河湾沖の駿河トラフは、沖合で、南海トラフとつながっています。

 

 

フィリピン海プレートは、年間数㎝づつ沈み込んでいて、陸地側のプレート境界を年々、引きずり込み、そのひずみが、年々蓄積されていきます。

 


そのひずみが、耐えきれず限界に達したとき、南海トラフ地震が起こるといわれています。

 


記録に残る南海トラフ地震の周期は、約100~200年の間隔で、発生しているそうです。

 

 

 

前回起こった、南海トラフ地震は、昭和東南海地震(1944年)、昭和南地震(1946年)です。なぜか、二年後に続けて発生しています。

 

 

 
 最後に起きた、昭和南地震(1946年)から、現在(2018年11月)まで、72年近く経過していますが、南海トラフ地震の周期は、約100~200年らしいので、いつか起こることは、間違いないにしろ、まだ、ちょっと大丈夫じゃないの?? と、思いましたので、これまでに発生した、過去の南海トラフ地震の周期を調べてみました。

 


 これまでに発生した南海トラフ地震の内、詳しい震度計などの機器観測が出来たのは、昭和に起きた、昭和東南海地震(1944年)、昭和南地震(1946年)のみで、歴史的資料が存在して、ある程度の震源域を推察できるのは、江戸時代に発生した、安政地震および宝永地震だけだそうです。

 

 

これ以前の南海トラフ地震については、詳細な史料も乏しく、震源域についても、諸説あるらしいです。

 

 

これまで発生したとされる南海トラフ巨大地震

 


684年 白鳳地震

 

 203年後

 

887年 仁和地震

 

 209年後

 

1096/1099年 永長・康和地震

 

 265年後

 

1361年 正平(康安)地震

 

 137年後

 

1498年 明応地震

 

 107年

 

1605年 慶長地震

 

 102年後

 

1707年 宝永地震

 

 147年後

 

1854年 安政地震

 

 90年後(92年後)

 

1944/1946年 昭和東南海地震 / 昭和南地震


 ??年後  (72年経過 2018年11月現在)

 

20○○年     平成??南海トラフ地震

 

 


 1946年の昭和南地震から現在(2018年)より、72年経過していますが、この南海トラフ地震以外にも、日本各地で、古代より、数々の巨大地震が発生しています。

 


日本災害史上最悪と言われる、1923年(大正12年)9月1日に発生した、大正関東地震関東大震災) M 7,9~8,3 (死者・行方不明者 10万5,385人)から、95年経過していますが、こちらの方も心配です。

 


地震大国日本に、生活している以上、いつどこで、巨大地震に遭遇するか分かりません。

 


一日一日を大切にして、危機意識を常に持ちながら、日頃より、水や食料の備蓄など、しっかりと地震防災対策を怠らず、もしもの時に備えましょう。

 

 

ウィキペディアWikipedia南海トラフ巨大地震 最終更新 2018年9月19日 (水) 14:54 参照しました。

 

 

 

 赤の星アイコン アマゾンさん

 

 

 

  

突然、エレベーターが落下 ! その時あなたは、どうしますか?

 

 今日も、生き残りましたね ピンクのチュリップアイコン

 

 

 あなたが、乗ったエレベーターが、突然、落下し始めました・・

 

 

 そんな危機的状況の時、あなたは、どうされますか?

 

 

エレベーターの前で、待つ男性  

突然、あなたの乗ったエレベーターが落下したら・・

 

 

  地震の時など、よくエレベーターが、停止して、エレベーターの中に、長時間、閉じ込められたというニュースは、たまにですが、目にすることがあります。

 

 

 エレベーターが、落下するという事態は、きわめて希なことだと思いますが、ありえないことではありません。

 

 

 ほとんどの方が、突然のエレベーターの落下に、何も出来ずに、うろたえることでしょう。

 

 

中には、エレベーターのボタンを、必死で連打される方も、いらっしゃるかもしれません。

 

 

 昔からよく言われるのは、落下の瞬間、ジャンプするというものです。

 

 

普通のエレベーターの中では、外の状況がわかりませんので、落下の瞬間まで、ジャンプしまくる方も、いるかもしれません。( ガラス張りの外が見えるエレベーターもありますが・・)

 

 

この行為は、激突時に頭部を天井に強打する可能性もあり、一番危険な行為だと言うことです。

 

 

 絶対に、不可能な状況下で、完璧に狙撃を成功させ、危機的状況を切り抜けるあの超A級狙撃者(スナイパー)「ゴルゴ13(ゴルゴサーティーン)」の主人公、ゴルゴ13(デューク東郷)なら、突然のエレベーターの落下にも、慌てることなく、きっと、こうするでしょう。

 

 

 

 正解 !!

 エレベーターが落下した瞬間、仰向けに寝て、手や持っている物などで、頭部を守る体勢をとる。

 

 

 

 決して、A級狙撃者(スナイパー)ゴルゴは、慌ててジャンプを繰り返すことはないでしょう(笑)

 

 

 

 昔、ゴルゴ13の連載の中で、何話か、忘れましたが、ゴルゴが、高層ホテルの屋上から、敵に追い詰められて、屋上から飛び降り、そのホテルに宿泊している標的である人物を、窓越しに、落下しながら狙撃し、そのまま、落下しながら、頭と足を合わせて前屈の姿勢を取りながら、地上にあるプールに飛び込む瞬間、頭と足を開いて、落下の衝撃を和らげるという、超人的な技を、思い出しました。(ちょっと、記憶に自信がありませんが・・)

 

 

※ググってみたら、ゴルゴ13シリーズ 第343話:『メデジン・カルテル』でした。

敵に部屋を襲撃されたゴルゴが、何と、ブリーフ一丁で、35階建てのビルの屋上へ逃れ、拳銃の弾丸一発を残して、屋上からダイブ、落下しながら、窓越しに部屋にいるターゲットを狙撃し、プールではなく、地上にある水深1メートルの貯水槽に、超人的な技で落下して、衝撃をもろともせず、窮地を脱するという伝説の回でした。

 

 

こんな危機的な状況を、乗り越えられるゴルゴ13であれば、突然、エレベーターが落下しようとも、難なく華麗にクリアーすることでしょう。

 

 

 とはいえ、最新のエレベーターならば、安全対策も、施されているので、めったに、落下するような事はないかもしれませんが、何が起こってもおかしくないのが、今の世の中です。

 

 

 先頃、信頼されていた油圧機器メーカー大手の KYB による免震・制振オイルダンパーの検査データ改ざん事件が、日本全土に、大きな衝撃を与えました。

 

 

 本当に、考えてもいない、信じられないことが、起こる世の中です。

 

 

 万が一、あなたが、エレベータが落下する不運に見舞われたら、仰向けに寝て、手や物で頭部を守る体勢をとる。というのを思い出して下さい。

 

 

 この体勢をとるのが、最善の方法とはいえ、命が助かるかは、その時の状況と、あなたの運しだいです。

 

 

驚くべき事に、高層ビルの79階から、エレベーターが落下して、奇跡的に助かった強運の女性が、いらっしゃいます。下の動画参照 ↓

 

 

 

 

落下するエレベーターで生き残るたった一つの方法

ブライトサイド | Bright Side Japanさんが、2018/05/23 に公開 

 

 

 飛行機が、エンジントラブルなどで、緊急着陸、または、最悪、墜落の危険があるときなども、姿勢を低くして頭部を守るというのが、最善の生き残る方法です。

 

 

Good luck !!

 

 

 

コンパクトに収納、あなたの命を救う避難はしご !

 

 今日も、生き残りましたね ピンクのチュリップアイコン

 

 

近い将来、起こるといわれている「南海トラフ巨大地震」、富士山大噴火、もしも、起こったら、これまで経験したことのない、未曾有の災害となることでしょう。

 

 

南海トラフ地震の発生確率は、今後30年間での確率70~80%と予測されているそうです。

 

 

富士山が最後に噴火したのは江戸時代中期の1707年(宝永4年)で、噴火は2週間続き、甚大な被害をもたらしました。

 

 

富士山(茶畑 大淵笹場)  

© 富士市

 

 

 近年、日本各地で、火山活動も活発化しています。 

 

 

 あなた自身のために、そして、あなたの大事な家族を守るために、万が一の時に備えて、出来る限りの対策をしておきましょう。

 

 

アパートやマンションなど二階以上にお住まいの方は、災害時、特に火災の時などは、ベランダ側しか脱出できない非常事態が、発生する可能性があります。

 

 

ニュースなどで、火災が発生して、炎と煙から逃れて、窓から助けを求めて、やもおえず、飛び降りたりする方もいらっしゃいます。

 

 

下にいる方が、受け止めてくれたり、運が良ければ骨折程度で済めば良いですが、命を失う危険もあります。

 

 

 

 そんな時のために、持っておきたいのが、コンパクトに収納出来る避難はしごです。

 

 

ONE STEP 災害避難はしご 2階用(4m) コンパクト収納タイプ (2階用 4M) 日本語説明書 軍手付属

 

 

これは、2階用の長さ4メートルですが、3階用の7,5メートルのものもあります。

 

 

重さは、3,2㎏と、見た目より、わりと軽量です。

 

 

最大荷重は、約450㎏と十分な強度があります。

 

 

収納も折りたたんで収納出来るので、備える際も、場所を取りません。

 

 

もしもの時も、一般的な窓であれば、簡単に、迅速に設置出来ます。

 

 

一年間の保証も付いているので、安心です。

 

 

持っていても、使わずに済むかもしれません。でも、持っていれば、万が一の時、あなたや、あなたの大事な家族を、きっと、守ることが出来る事でしょう。

 

 

 

 これは、同じタイプの他社のものですが、参考までに

 

 

 Good luck !! 

 

 

赤の星アイコン アマゾンさん